男性もスキンケアする時代

今や男性化粧品は、百貨店の化粧品売り場でもコーナーがあるし、ドラッグストアとかならたくさんの種類が並んでいる。もちろんCMも見ますよね。髭剃り負けしてしまった肌とか冬の乾燥する時期に化粧水をつけることとか男性だって怠らないんですよね。若い人達だけかなと思いきや、40代前後の人達まで幅広い層の人までちゃんとお肌のお手入れをしているんですよね。それが当たり前の時代になってきたんですかね。

男性化粧品が出たての頃、「えっ!まじっ!使う人いるの?!」と思ってしまったものだった。だけど、今は逆にちゃんとお肌のお手入れをしている男性の話を聞くと「えらいなぁ~」と思いますね。男性だって、ニキビとか悩んでいる人もいるだろうし、乾燥でお肌がカピカピになっている人もいるでしょう。

今まではきっとお母さんの化粧水を借りたり、女性用の化粧品を使っていたんでしょうね。でも、男性と女性ってホルモンバランスの違いってあるだろうから、女性と同じ化粧品では合わないこともあるだろうね。肌がキレイだとメンズファッションもより引き立ちますからね。考え方を変えればなぜ今まで男性はスキンケアしなかったのだろうという風に考えることもできますね。

アトピー体質の人がススメる化粧品・・・一度、使ってみたい!!

私の友達にアトピー体質の人がいるのですが、そんな彼女にアトピーのお肌にはどんな化粧品がいいの?と聞いてみると、「モーニュ」という化粧品がいいみたい!!何でもそのモーニュという化粧品、こんにゃくのセラミド成分でお肌に優しく根本的な部分から肌トラブル改善、美肌維持を目的とした化粧品になっているのだとか・・・。洗顔、メイク落とし、化粧水、乳液など全てにおいて自然派でしっとりしていていいらしいのですが、特にいいのがUVプロテクトミルクの日焼け止め乳液らしいです。

なのでちょっと気になってインターネットでモーニュのUVプロテクトミルクを見てみると実際の中身のクリームの状態が写真で載っていてそれを見るとUVという感じは全くなく本当に普通の乳液みたいな感じです!!UVクリームというと少しお肌がつっぱる感じが気になるところですが、このUVプロテクトミルクならつっぱりもなく潤って日焼け止めができるという感じでした!!私もアトピー体質ではないけれど、この化粧品使ってみたいな~と思ってしまいました(^^)

英会話、映画を見ながら覚えるっていいかも!!

よくテレビで、日本語がペラペラな外人さんに、「どうやって、日本語を勉強しましたか?」と、質問しますよね~。
その質問の答えで、よく聞くのは、「日本のドラマなどを見て勉強していた。」と言う答え。

ホントに、ドラマを見ているだけで、話せるようになるのか!?と思うけど、ドラマを見ながら、覚えられたら、すごくいいですよね!

私は、映画を見るのが好きなのですが、映画を見ながら英語を覚えられないかと思ってインターネットで検索してみると、ありました!!

映画のフレーズをいくつか集めて作った教材で、映画の英語というものが!!その効果というと、映画のセリフがキャッチできるようになったり、日常会話で気の利いた相づちを打てるようになるらしいです。。

やっぱり、私と同じように、映画を見て英会話をマスターしたいと思う人もいるのだな~と、その教材を見つけた時、すごく感動しました。。

とはいっても、中々、映画見るだけでというのも、日常でのシチュエーション全てがカバーできるわけではないでしょうから、やはり、トーイックの教材ほどじゃなくても日常英会話習得のための英語教材も併用しないと難しいかなとは正直思いますけどね。

英語がわかるようになって、洋画を字幕なしでみてわかるようになれたら、ステキですよね!!

そんな自分が、まさにドラマのワンシーンに入りこんだみたいな気分になりそうです!?(笑)

子供の英語教材。

大人対象の英会話教室は、いろんな場所にあって通いやすい。また、多少離れていたとしても、大人一人なら土日を使ったりすれば通えるでしょう。

でも子供の英会話教室だとそういうわけにはいきません。放課後や土日は、塾やスポーツクラブなど忙しいのです。

だから、家でできる教材英語は便利ですよね。子供が興味を持つように工夫されているし、耳慣れする為のCDも付いてきます。それでも、上達しているか親としては心配でしょう。

でも、ちゃんとアフターケアもあって、電話で会話をして上達をチェックするカリキュラムが組まれている教材もある。

電話での会話は緊張するけれど、生の英語に触れることで自信もつくことでしょう。

子供は、上達しているということを実感していかないとやる気をなくしてしまったり、飽きてきてしまったりするから難しい。

大人と違って、子供は親の意思で英会話教室に行ったり、英語教材をさせたりするから続けさせるためには英語を好きになってもらわないといけない。

せっかく始めた英語なので、楽しく英語に触れて欲しい、その後英語が得意になってくれればと思いますね。

子供の英会話の勉強法

幼児の英会話って必要なんだろうか?どうなんだろうか?
自分は英語が大嫌いでした。けど楽しく学べていたら好きになっていたのかな?
そしたらもう少し将来が違っていたのかな?と思ったりもしました。
なので自分の子供には習わせてあげないとは思います。

けど早くから習わせることによって嫌いになったりしないのかな?ともちょっと考えたりします。子供が自分から「英語やりたい」と言えば問題ないでしょうけど。
けど学校で全然発音の良くない日本人の先生に教えられるとへんてこな発音が身に付くし・・・どうすることが一番いいのだろう。悩むところですよね。
またやらせるとしても何歳ころから習わせるのがいいのかも悩みどころです。

やっぱり早ければ早い方がいいのだろうか。
おしゃべりが始まるまでは、英語を聞かせるだけでも効果がありそうですね。
3歳までに耳はできるとか言うじゃないですか。
おしゃべりができるようになったら、パソコンやおもちゃなんかを取り入れて遊びながら吸収していくのが効率が良いみたいです。
ロゼッタストーンは評判がいいし、パソコンを使用するのでちょうどよさそうですね。トーイックの試験にも対応できそうですよ。

英語を習い始める時期

我が家には子供が2人いるんだけど、習い事について色々悩みます。兄弟平等にするべきなのか、それぞれの個性を重視するのか。
実際に長女が通信教育をやっているから、次女には同じものを使わせているから必要ないが、壊れていたり、無かったりする場合もある。

だから同じものを一からやらせてあげるべきなのか。と思っていたけど、思い切って別のものを習わせてあげることにしようと思っています。どうせ兄弟だから、それぞれのものを使いたがるし実際に使うから。
だったら色んなものがある方が兄弟それぞれの個性を親が知ることができるのではないかと思ったからです。

英語を長女が習っているのをみて、次女は同じように英語をしゃべり出しました。早くからさせるのがいいのか、なんてわからないです。育児なんて子供の個性に合わせていろいろあるから、大失敗しない限りは
小失敗の繰り返しなんだろうなと思いました。何でもやりたいことをみつけられる子供になるといーなー。

のびのびと育てたいというのが一番だけど、他でもない私自身が、今、英語教材であたふたと英語で苦労しているからどうしても色々と習い事させたくなってしまうんですよね。

メルマガで知る最近の留学事情

私の知り合いの子どもさんがバレエで海外留学をしているのですが、それを聞いて客観的にスゴイな~とは思うものの、私のうちとは全く無縁の話だな~と思っていたのですが、案外そうでもないみたい!?

うちの子どもはバレエではなくて普通にリスニング教材で英会話学習しているだけなのですが、この間ケイタイのメールマガジンで母子で海外留学をしている人の体験談のメルマガを登録したのですが、それを見ていると留学って私が思っている程、全く無縁の世界という訳でもなさそうです!?

どういうこと~!!と詳しく見ていると、今は海外留学にもいろんなプランがあって、私が思っていた留学というのは、アメリカやイギリスなどの欧米への留学だったのですが、最近ではフィジーやマレーシアなどのアジアへの留学も結構人気なのだとか!!

留学費用も欧米とは全然違って、うちでも頑張れば何とかなりそうな感じすらします(^-^)

今まで他人事だと思っていたことでも、ちゃんと調べてみると意外と身近に感じられることもあるのだな~と反省しました(- -;)

英語耳

英語を学ぶ時よく聞くのが、英語耳という言葉ですね。大体、9歳までに英語に触れていないと英語耳はできないと言われていますよね。9歳過ぎたら、とたんに英語が話せなくなるわけではないですけどね。
私の知り合いでも高校生で留学して英語をマスターした人はいますし、社会人になってから英語を本格的に学んでマスターした人ってたくさんいるでしょう。
たから、9歳までは自然に英語を吸収していける年齢の目安というところでしょうか?

とにかく英語を勉強するには早い方がマスターしやすいということでしょうね。息子も早目に始めたけれど、正直、私の期待よりはるかに下のレベルである。
ただ、今はそれでもいいかなと思っています。私の息子に対する最終目標はバイリンガルクラスなんですけど、それならたぶんプリスクールやインターナショナルスクールに入れ、一日中英語漬けの環境にしないといけないでしょう。ただ、それらのスクールの月謝が高い!なので、庶民家庭には少し難しいところですね。
だから、今は英語が好きになること。英語を拒否しない耳を育てることに徹しています。
あとは、息子がどれだけ頑張ってくれるかですね。期待しているよ!

英語を習わせる

今、子供に英語を習わせたいと思う親御さんは多いでしょう。その理由は様々ですが、学校で授業があるから、英語耳を作っておきたいからなど。
でも英語はどんな状況であっても、どこかのタイミングで触れることになりでしょう。親が習い事のために幼いうちに始めたり、小学校の授業で触れたりするでしょう。

昨今、将来グローバル社会になると言われていますが、もうすでにグローバル社会になりつつあります。大手企業の海外進出は顕著になってきていますし、逆に海外から日本への進出はすざましいものがあります。
日系企業でも、英語は必須な企業も多いでしょう。外資系に至っては、会議はすべて英語、海外とのテレビ電話は英語で会話、書類は英語でなんてところもあるでしょう。

英語は世界で一番話されている言語なので、話せないことが仕事の支障になってしまう。通訳をつければいいんじゃない?という人もいるでしょう。でも簡単なコミニュケーション、日常英会話くらいなら英会話教材だけでもできないわけじゃないから、頑張った方が何かと良いと言えますよね。
通訳をつければ、2倍の人件費がかかるのです。そうなれば企業も英語が堪能な方を選ぶでしょう、野球選手のように本人そのものに価値が高い人は別ですが、一般の外資系ではそういう見方はしてくれないでしょう。
グローバル社会、本当にすぐ目の前にありますね。

人気の英会話教材について調べてみた。

「英会話教材 人気」と検索してみると、「everyday-English」が出てきたよ。
でも、初めて聞く教材英語だなぁ。一番有名は「スピードラーニング」でその他の教材は聞いた事がなかったなぁ。
スピードラーニングを同じように聞き流すだけで英語が習得できるのが売りのようですね。

2段階のスピードで聞くことによって、英語がはっきり聞こえてくるようになるようで、無料体験で聴いてみたけど、分かりやすかったよ。この私でも分かる。流石ロシア語教材もある有名教材という感じでしたね。
でも、教材だけではない魅力のある英語リスニング教材で、ネイティブの外国人講師とビデオチャットでフリートークできる特典もついてくる。あとiPodなど選べる特典までついてくる!
値段もとても安くて、追加料金もなさそうだ。正直私も習おうかと思ってしまうくらい魅力的である。
ただ、そこまで特典があって、修得までの期間も短い。
ちょっと不安にもなるなぁ。そんな良い話があるんだろうかと・・・でも、Yahoo!や楽天でも発売しているし大丈夫そう。会社員なら絶対やっていただろうなあ。

英会話の形態

ひとえに英会話を学ぶとしても、いろいろあるんですねぇ。英会話教室はもちろん、聞き流すCDでの英会話教材、オンライン英会話・カフェ英会話などなど留学など本格的なものも含めていろいろありますね。
ただ、いきなり留学というのは資金面からも時間的見地からもとても敷居が高いところがありますね。学生なら学校を休学しなくてはいけないし、社会人なら会社を辞めなくてはいけないこともありますよね。

そうすると日本で時間的・金銭的にも簡単に始められそうなものからの方がいいのかな。そうすると、教材ですよね。金銭的にはちょっと厳しいかもしれないけれど、聞き流すことがメインだから時間がないという理由が引っかかっている人にはぴったりですよね。会話というところで少し物足りなさを感じるかもしれませんが、まずは聞き取ることを目的とするならぴったりですよね。

教室は、レッスン時間があったり、オンラインは、金銭的・時間的にはとても魅力だけれど、いきなりビデオで会話というシチュエーションに戸惑ってしまいそうですね。
情報取集ももちろん大切だけれど、自分でこれが合う!という直観を信じて始めたものが一番合っていたりして♪

日常生活で意思疎通できるようになる英単語の数は?

英語を勉強するにあたって必要な項目のひとつに単語があります。単語をたくさん覚える方が英語がわかるようになります。一体どれぐらい単語覚えたら 日常生活で意思疎通が出来るようになるんでしょうか?
学生時代の頃が一番英語を勉強していましたが単語をどれぐらい覚えたかは考えたことがないのでわかりません。一般的には約2000単語あれば日常生活で意志疎通できると言われているそうです。

文法が少しぐらい間違っていても単語をたくさん覚えていたら何とか話がつたわることってありますよね。英語だけにかかわらず、日本語でも単語だけでもなんとか会話ができるものです。
ちょっと聞きなれない方言とかが入っている時も単語単語を組み合わせて連想ゲームみたいに意味がわかることってありますよね。

海外旅行に行ったりして 外国の人と話をするときもなんとか単語をつなげて会話ができたことがあります。英語がはなせるようになるためにも単語はたくさん覚えておくようにしておきたいです。
人気のある英会話教材は、英単語が実践的なものに厳選されているそうなので、無駄なく勉強できるって言いますけどね。