英語を習わせる

今、子供に英語を習わせたいと思う親御さんは多いでしょう。その理由は様々ですが、学校で授業があるから、英語耳を作っておきたいからなど。
でも英語はどんな状況であっても、どこかのタイミングで触れることになりでしょう。親が習い事のために幼いうちに始めたり、小学校の授業で触れたりするでしょう。

昨今、将来グローバル社会になると言われていますが、もうすでにグローバル社会になりつつあります。大手企業の海外進出は顕著になってきていますし、逆に海外から日本への進出はすざましいものがあります。
日系企業でも、英語は必須な企業も多いでしょう。外資系に至っては、会議はすべて英語、海外とのテレビ電話は英語で会話、書類は英語でなんてところもあるでしょう。

英語は世界で一番話されている言語なので、話せないことが仕事の支障になってしまう。通訳をつければいいんじゃない?という人もいるでしょう。でも簡単なコミニュケーション、日常英会話くらいなら英会話教材だけでもできないわけじゃないから、頑張った方が何かと良いと言えますよね。
通訳をつければ、2倍の人件費がかかるのです。そうなれば企業も英語が堪能な方を選ぶでしょう、野球選手のように本人そのものに価値が高い人は別ですが、一般の外資系ではそういう見方はしてくれないでしょう。
グローバル社会、本当にすぐ目の前にありますね。